社員インタビュー:誰かの為になることを重ねていたら、自分のキャリアへ繋がっていた

自社製品の開発チームでエンジニアとして活躍するMさん。実はメンバー最年長(!)の彼女は文系出身のエンジニア。そのキャリアとリモートワークになって生活がどう変わったかをインタビューしました。

最初は人助けのつもりだった。エンジニアへのスタート

ーMさんはエンジニアになるつもりはなかったとか?

M:はい。大学では中国文学を学んでいてそのまま大学院まで進学しました。自然な流れで学校法人に就職し講師や事務の仕事をしていました。そこで3年くらい働きました。結婚したのをきっかけに博多にある生協のカタログ制作会社に転職したんです。学生の頃から生協の理念が好きで、いつか働いてみたいと思っていて。

ー思いっきり文系だったんですね!プログラミングとの出会いは?

M:旦那の転勤をきっかけに東京に出てくる事になり、職安で見つけたIT系の会社にデータ打ち込みのパートで入りました。そしたらPGが足りないからと言われ、手伝うことになって。「プログラミングも言語だから、外国語勉強するのと変わらないよ」なんて言われて全く経験もないのに(笑)でも実際にやってみたら本当に、文章に練り上げる楽しみと通ずる部分があって。美しいプログラムに近づけていくというか。

ーなるほど〜。なかなか簡単ではなかったと思いますけど、すごい!人手不足で困っている人を助けよう、というMさんの人柄からスタートしたキャリアだったんですね。

M:そこの会社で吉田さん(ソウルウェア代表)やYさん(ソウルウェアのエンジニア)と出会ったんです。とくにYさんとは同じ案件に携わることも多くて。そうこうしているうちになんとその会社が倒産してしまい、みんな一緒に別の会社にいくことに。次の会社は大手外食サービスのWEB開発を受託している会社でした。そこでもエンジニアとして働きました。

ーそうやってエンジニアとしてのキャリアを積み上げていったんですね。ソウルウェアではどんな風にお仕事されていますか?

M:自社製品のkinconeやRepotoneUの開発をしています。私が入った当時はまだ全員出社して仕事をしていました。家庭の事情で地方に引っ越すために、退職を検討することになった小林さん(ソウルウェアのエンジニア)が働き続けられるような環境作りがきっかけでリモートワークが導入された。そしたら代表の吉田さんが「地方に住んでいるメンバーだけじゃなくて全員これからは週1リモートにしよう」って。「リモートで作業するメンバーの気持ちをわかるために」ということでしたね。

ー実際にリモートワークが始まっていかがですか?

M:やっぱり離れたところで仕事する時のコミュニケーションは難しいな〜と最初は感じました。あとはまだ慣れなくて、完全リモートになってからも「一応誰かいた方がいいかな」と出社したりしていましたね(笑)頼まれたわけじゃないんですけど、なんか落ち着かないというか、念の為・・・という感じで。

洗濯物を回せる喜び!自宅で仕事をするということ。

ーMさんはリモートの時はご自宅で作業しているんですか?

M:はい、うちは夫婦で部屋も別々なので仕事の時間は自室にこもって。カーテンも閉めて電気の灯りで(笑)間接照明だとリラックスはしますけど、仕事の時は明るい電気がいいですね(笑)机の上はPCとモニターだけで、不要なものは置かないようにしています。ご飯もリビングへ移動して食べたり。そうやってONとOFFは切り替えています。

ーメリットとデメリットは感じますか?

M:基本的にいいことの方が多いですが・・・。洗濯物が回せる!(笑)合間で家事をしながら仕事を進められるのは本当に助かっています。デメリットは、全然歩かない(笑)家で仕事をした時の、スマホの歩数計は十数歩くらいです。運動不足には気をつけないとですね!

私は自転車に乗るのが好きなので、WeWork(シェアオフィス)に出社する時は自宅から自転車で通勤しています。気分転換にもなるし、運動不足解消にもなります。

ー本当に家事と並行して仕事ができるのは、何でもないことのように聞こえますがすごく重要なことですよね。リモートワークをすると会社以外にも生活があることを思い出させてもらう気がします。

楽しく働く。できれば人のためになることを。

ーMさんの今後を教えてください。

M:今の働き方は本当に満足していて。楽しく仕事するのが一番だと思っているので、大きな目標とか野望は持ってないんですけど・・・。あとはそれが誰かの役に立つようなことだったらいいですよね。将来的には私の地元、和歌山県に戻りたいと考えているので、それまでに何をしたいかは見つけて行こうと思っています。

ー あとがき ー

いつも他メンバーのことを気にかけ、声をかけたり動いてくれているMさん。穏やかな笑顔の裏に、ソウルウェアの働き方を支える細やかな気遣いがありました!