社員インタビュー:<働きたくない>が原動力。自分らしいワークスタイルとは

ソウルウェアで自社製品(kincone、RepotoneU)のサービス開発およびUIデザインを担当するTさん。「できれば仕事しないでお金だけ貰ってたいですよ」と身も蓋もないコメントが飛び出しながらも、社内ではエンジニアとして安定感のある力を発揮し、イクメンとして毎日家庭と両立するそのワークスタイルに迫りました!

エンジニアとして物足りなさを感じていた会社員時代

ーソウルウェア入社までの軌跡を教えてください。どんなキャリアのスタートだったんですか?

T:専門学校を卒業後、とくにやりたい事もなかったので何となく入社した金融系システムのSIerに就職したのが始まりですね。そこで2年半務めた後、当時のモバイルサイトを開発する会社に転職しました。

吉田さん(ソウルウェア代表)と出会ったのもここです。オフィスにお菓子なんかが置いてある休憩スペースがあって。そこでいつもお菓子食べてるのが吉田さんだった(笑)その休憩スペースでいつも雑談するようになり仲良くなったのが先で、部署が一緒になって開発に携わるようになったのは後からでしたね。3年弱くらいエンジニアとしてそこで働きました。

ーそうだったんですね!その後、独立するわけですが、きっかけは?

T:単に業務内容にあまり充実感がなかったのが一番大きかったです。もっと面白い仕事がしたい、と思った。後は、尊敬できる上司が自分の中で見つけられなかったり…人間関係も当時は少し疎ましく思えてしまったんですね。

「先の見えない楽しさ」を感じたフリーランス時代

ー安定より、やりがいを選んでフリーランスエンジニアとなったTさん。やっぱりモノづくりがお好きなんですね!独立してみていかがでしたか?

T:そうですね。僕は受託案件は取らず、知り合いの会社と一緒に事業を起こしたり自分でアプリ開発をしたりしていました。”安定”という意味では会社員の方が保証されているんですけど、フリーランスになってからは「先は見えないけど楽しくやっている」充実感がありました。

後は、とあるベンチャーの立ち上げに関わり、といっても社長が1人いるだけの規模だったんですけど、僕はその会社のCTOとして就任しました。ただ、この経験を通して、自分は「開発は楽しいけど、経営的な部分には興味が持てないなー」と自覚しましたね。

結局、そのベンチャーの社長とウマが合わず1年半くらいで辞めることになったんですよ。

3ヶ月後には結婚を控えているのに、無職状態に。ソウルウェア入社のきっかけ

T:実はその頃、婚約していた彼女と3ヶ月後には入籍する予定で(苦笑)

ーえ!それはまさに人生の岐路ですね!(笑)

T:そうなんです。で、このまま自分で起業するかなーと思ったりもしましたが、さっきも言ったようにあんまり経営とかに興味持てなくて。かと言って、どこかの企業に所属するのもどうしようかなと悩んでいて。そんな時、吉田さんとたまたま飲みに行って自分の状況を愚痴にしていたら「じゃあウチ(ソウルウェア)くれば?」って(笑)

ー声がかかったわけですね!

T:吉田さんならついて行こうかな、と。(笑)ただ、僕が入った当時はまだソウルウェアも受託メインでやっている時期だったので、残業も多かったんです。会社に寝泊まりするような日もありました。

ー今では考えられないですね!(ソウルウェアではほとんどの社員がフルリモート、18時には仕事を終えている)

T:変わったのは、吉田さん自身にお子さんが生まれてからですね。18時に社長が家族のために帰らなきゃ行けなくなったので、それくらいから自社開発の割合も大きくなって今のスタイルになりました。

ーやっぱり会社の働き方って、トップから変わることが重要なんですね。

15時には地元に戻り、18時には子どもの為に帰宅する毎日。

ーそんなTさんは今ソウルウェアではどんな働き方をしていますか?

T:業務としては自社製品(kincone、RepotoneU)の開発とデザインをやっています。WeWork(シェアオフィス)に出社して作業した日も、電車の混雑を避ける為に15時くらいには自宅のある最寄駅に戻って、近くのカフェで残りの仕事をします。家だとさすがに気が散るので絶対に外で仕事してますね。

ー1歳のお子さんがいるTさん。奥様も働いているんですか?

T:はい。この4月に復職して時短勤務で。なので我が家のルールなんですけど、18時には仕事を終えて帰宅し、奥さんが夕飯の準備をしている間は僕が子どもの相手をしています。18時過ぎても作業してると奥さんに怒られちゃうんですよね(笑)

ーなるほど(笑)でも共働きの家庭にとって、お父さんも積極的に育児に参加できるこのワークスタイルは助かりますね。

T:本当に。子どもが可愛すぎて、仕事しないでずっと一緒にいたいです(笑)

ーTさんは複業もされてますよね?

T:はい。フリーランス時代に開発したアプリが当たって今でもその不労所得があります(笑)なのでソウルウェアの業務は何も圧迫されないんです。たまに作りたい時に新しいサービスを自分で開発したりはしています。

ー「お金儲けの為じゃなくて、やりたいことをやる」は代表の吉田さんも常々伝えてくれていることですね。それが体現されていますね!

互いの顔が見えないリモートワークで感じる課題も。

ーそんな理想の働き方を実現したTさんですが、逆にソウルウェアでの働き方において感じている課題はありますか?

T:今、エンジニアチームはそれぞれが別の作業を分担しているんですね。なので、進め方もある程度は個人の自由で進めています。だけどこれが今後、大きな機能追加などで複数人で一緒に進める必要が出てきた際に、リモートワークでどうコミュニケーションを取っていくかは難しいところだなと思います。

ー今は、チャットツールやビデオミーティングですか?

T:そうです。だけど、チャット1つとっても、直接顔を合わせていれば何でもない言葉が、文字だけだと相手の感情が読めず勘違いしてしまうこともある。単純な話ですが絵文字を使うとか。あとは、作業報告なんかも積極的に自己発信していかないと「本当にこの人仕事してるのかな?」と感じさせてしまったり。特に、昔からずっと一緒に働いている仲間はまだリレーション取れるのでいいですけど、新しく入ってきた社員の方とはリモートワークしているとなかなか関係も築きづらいです。相手への配慮も必要なことなので、この辺は気を遣っていきたいですね。

ーなるほど。信頼関係の上に成り立つリモートワークならではの課題ですね。直接業務に関係ない雑談でも、チャット上では重要なコミニュケーションだったりするので積極的にリアクションしたり、作業報告の場所とタイミングをしっかり決めるなど、まだまだソウルウェアでも取り組んだ方がいいことがありそうです。

ー最後にTさんのこれからの展望を聞かせてください。

T:一番の理想はやっぱり「働きたくない」のですが(笑)そんなことも言ってられないので。基本的には現状のソウルウェアでの働き方に満足しています。これからも「やらされている」ではなくて自分が「やりたいな」と思うことを仕事として、家庭と両立しながら働いていきたいですね。

ー あとがき ー

社内でも随一のイクメンぶりを発揮するTさん。
根底にある「働きたくない」とは単にやる気がない、ということではなく「誰かにやらされる仕事」ではなく「自らやりたいと思えることを仕事にする」ことなのでは?と感じた今回のインタビュー!一見、のらりくらりとした受け答えの中にキラリと光るTさんの魂を見ました。