kinconeアップデート情報2020.2.12_みなし残業に対応

2020年2月12日に勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone(キンコン)」のアップデートを行いました。 帳票出力のバージョンアップや、残業時間に関する新たな機能の追加など、kinconeをより便利にお使いいただくことができるようになりました。

PDF/Excelで出力できる帳票の表示項目を増やしました

上記はkinconeの勤怠画面に表示されている勤務時間や日数などの集計の表示です。これまで、この集計値はPDFやExcel に出力できませんでしたが、今回のアップデートで出力できるようになりました。

勤怠画面に表示されている勤務日数や残業時間などの項目が追加されたことにより、これまでに比べて帳票として利用しやすくなるのではないでしょうか?

みなし残業に対応しました

みなし残業(固定残業代制度)とは、一定時間分の残業代をあらかじめ給与に含める制度のことです。これまでkinconeは、みなし残業には対応していませんでしたが、この制度に対応するため、就業形態ごとに「月間の固定残業時間」の設定を可能にしました 。

勤怠画面では以下のように表示されます。

また、固定残業を設定している場合、PDFやExcelで出力した帳票にも表示されます。

勤怠機能OFF時は「勤怠状況確認」が表示されないようになりました

kinconeで交通費精算の機能のみを利用されているユーザーもいらっしゃるかと思います。登録している全ての就業形態において、勤怠機能の利用をしない設定 (OFFにする) にすることで、勤怠機能を利用しないことも可能です。

勤怠機能を利用している場合は、メニューにある「勤務状況確認」から従業員の勤務状況を確認することができます。

勤怠機能を利用しない場合は、機能を無効にすることができます。

そのような場合は、従業員の勤務状況をkinconeで確認する必要はありませんが、これまでは勤怠機能をOFFにしてもメニューに「勤務状況確認」が表示されていました。当然ですが、 勤怠機能を利用していなければ検索しても従業員は出てきません。

このメニューが存在することでユーザーに誤解を与えてしまう恐れがありますので、勤怠機能がOFFのときは表示されないようにしました。


今回のアップデートは以上です。これからも少しずつ改善を重ねていきますので、今後とも勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone」をよろしくお願いします!