kintoneではできない集計を実現、RepotoneU ProのExcel出力!

RepotoneU Proを利用して、kintoneのレコードを集計する方法をお伝えいたします。

kintoneの集計機能だと物足りない…

kintoneはクラウド上で情報を集約させるのに便利なツールです。しかも集計機能が付いているため、集約した情報を集計分析できます。ただ、簡易な集計であれば良いのですが、少し複雑な集計を実現しようとすると、思い通りにいかないことがあります。


簡易的な集計であれば、標準機能で表現が可能だが・・・

上記のような集計は標準機能で実現が難しい。

どうしても標準機能で実現したい場合は、複数の集計表に分けたり、レコードの入力方法を工夫する必要が出てきます。あるいはkintoneから出力したCSVを、Excelで集計し直す方法も考えられます。ただ利用する立場としては、レコード入力の手間は最小限にしつつ、希望する集計表を一発で出せるようにしたいのが、本音でしょう。

そこで、RepotoneU Pro!

そこでオススメしたいのが、RepotoneU Proです。RepotoneU Proは、帳票出力サービスですが、Excel一覧出力機能を利用すると、kintoneの標準機能では実現できない集計を、ワンクリックで実現することができます。

集計の秘密は、Excel関数が使えること!

それでは、なぜReporoneU Proが、集計を行うことができるのでしょうか。その肝は、Excel関数です。RepotoneU Proは、Excel出力する際に、Excel関数を埋め込んだまま出力することができます。そのため、キントーンから出力したデータを関数で、自動的に集計することができるのです。

では具体的にどのように設定すれば良いかを説明していきます。

Excel集計の設定方法

①予実集計アプリを作成する

予算と実績を登録するためのアプリを作成してください。



②Excelに集計表を作成する。

次に集計用のExcelを準備しましょう。集計したい表をExcel上に作成してください。



③Excelの別シートに出力用の一覧を作成する

集計を作成したら、別のシートにkintoneのレコードデータを出力するためのシートを作成してください。



③関数を設定する

②で作成した集計表に値を入れるため、Excel関数を利用して、③のシートから値を取得する設定を行なってください。



④RepotoneU Proで設定を行う

予実集計アプリと出力用Excelを作成したら、RepotoneU Proの設定を行なってください。


ファイルの種類をExcel、出力形式を一覧表に設定する

上記の設定を行うとExcel集計の完成です。ワンクリックで集計を出力できるようになり、集計作業を大幅に効率化することができます!



サンプルのテンプレートアプリとExcelも用意してありますので、よろしければダウンロードして使ってみてください。

RepotoneU Proを使えば、kintoneの標準機能にはない集計も実現できます。集計表を出力するのに困っていたら、ぜひRepotoneU ProのExcel出力での集計を試してみてくださいね!