コワーキング探訪記〜第一弾:AWS Pop-Up Loft Osaka〜

ソウルウェアのエンジニアKOBAYASHI(普段は和歌山県でリモートワーク中)が、訪れたコワーキングスペースをゆるく紹介していくシリーズ。(多分)

コワーキング探訪に到るまで

コワーキング探訪記事ということで訪れたコーワキングスペースをゆるーく記事にして(と言われた)いくわけですが、まずは簡単に自己紹介します。

エンジニアとして東京で30歳まで働き、そこからは地元和歌山に戻り3年ほどリモートワークしてます。
生まれも育ちも関西です。

リモートワークは最近の流行ワードでメリットについてはご存知の方も多いですよね。

私が住んでいる場所は和歌山県の少し南にある場所ですが、田舎ということもあり恐ろしく静かです。
仕事を集中してするにはもってこいの環境かもしれません。

近くに海があったり

車で数分走れば海が見えます

自宅のすぐ後ろに山があったり。

土砂崩れが起きると家ごと持ってかれます

人が少なく静かな環境が好きな性格でしたが、
良くも悪くも変化が無く、人とほとんど会わない状態が続くと、初めは心地よかった静けさがだんだん辛くなってきました。
東京にいる時は人が多くて嫌だと思っていたのに、今度は逆の状態ですね。

地方のコワーキングスペース事情

リモートワークの恩恵を受けながらも、地方&リモートワークで感じた先述のマイナス部分をどう解決するかということで、人がいるところで仕事したら紛らわせるのでは?という話になり、コワーキングスペース探訪がスタート。
まずは自宅近くでコワーキングスペースを探してみました。

が、いわゆるコワーキングスペースとして料金を取って仕事場所として提供している店舗は私の住んでいるところはない。
カフェがあってもチェーン展開しているようなカフェではなく、長居するには不向きなカフェが多い地域でした。

というわけで、弊社代表の吉田氏に相談。

K
K

気分転換に、予定はないけど大阪あたりに出て仕事していいですか?(交通費ももちろん会社のお金で)

問題ないですよ

吉田
吉田

と、すんなりOKもらえたので行ってきました。
(※ソウルウェアでは社員一人ずつに年間で自由に使える予算が与えられています。)
今回はその第一弾です。

正直、コワーキングスペースの紹介なんて腐るほどあるんじゃ?って思いながら書いてます。
何か差別化したほうがいいんかな。誰か教えて。

AWS Pop-Up Loft Osaka

AWS Loft TokyoはIT系の企業の方ならご存じの方も多いですよね。
AWSを利用しているスタートアップやデベロッパーなら自由に利用できる施設です。
コワーキングスペースとしてだけではなくセミナーやイベントも開催されているようです。

今回、向かったのはそんなAWS Loftの大阪版です!!

Pop-Upなので2019/10/31までの期間限定のようです(終わっとるがな)

AWSエキスパートに質問ができるAsk an Expert コーナーがあるらしく、丁度聞きたいこともあったので、それも目的の一つとして向かいました。

10時オープンということで、それに合わせて行ったところ一番乗り。
まずは受付で登録を済ませます。
AWSのIDを用意しておき(実際はコンソール画面を見せる)、ユーザー登録をして身分証(名刺or免許証や保険証)を提示して受付完了。

  • 水とコーヒーは無料
  • WiFiも利用可能
  • ソファ席とカウンター席と4人席(円卓上のもあったか)がある
  • Pop−Upだからなのかたまたまなのかわかりませんが、13時頃まで5人もいない
窓側のカウンター席からの眺め

眺めも良い。
とにかく快適。
もっとみんな使えばいいのに。無料でこのサービス最高やん。

もっと写真みたいって方はAWSユーザーなら皆さん99.999999%ご存知のクラスメソッドさんが写真いっぱいで紹介してますのでそっちを(雑)
AWS Loft Osakaの紹介はむしろクラスメソッドさんの記事のほうが断然・・・

AWS POP-UP LOFT OSAKAのノベルティ

ステッカーもらったのでここぞとばかりにパソコンに貼った。

右下のロボットは、青色以外の色もある

Ask An Expertコーナー

なんと、目的の1つでもあった「Ask an Expert」はその日だけ、エキスパートな人たちが東京出張らしくおやすみでした〜〜残念!!
※受付の方に今日はいないのか訪ねたら丁寧に確認を取って頂き、親切な対応で良かったです。

感想

次はAWS Loft Tokyoにいこうと決めてるくらいとてもいい環境でした。

外で仕事しよう!!となった理由が、「一人で仕事する孤独感を緩和したい!!」だったので、家で仕事している感覚に近い状態で適度に人の気配を感じられるのは、仕事するには最高でした。

人と対面で話すに限らず、すれ違ったり近くで誰かが話している声を聞くだけでも気分転換になるように感じました。
静がすぎるより、ある程度話し声がある方が気分転換には向いているようです。
※この感情は自分だけなのか地方でリモートワークしている人にありがちな気持ちなのか気になる

その後にドトールで仕事をしたら話し声盛りだくさんでそれはそれでありだった。
とはいえ、作業スペースや電源の確保、WiFiの有無を考えると仕事するには100倍AWS Loft Osakaですね!!

第一弾の記事が先月まで開催のコワーキングスペースっていうのはお許しください。
不定期な更新ですが次回もお楽しみに。