kinconeアップデート情報2021.10.6_残業の事前申請&承認が可能になりました

リリース情報 kincone 全ての記事

勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone(キンコン)」は2021年10月6日にアップデートを行い、残業の事前申請および承認の機能が追加されました。これまでも残業の自動集計機能をご利用いただけましたが、今回のアップデートで可能になった残業の事前申請制度を取り入れることで従業員の働きすぎや無駄な残業の抑制を実現し、生産性向上に繋げていただけるのではないでしょうか。

残業申請の方法はとても簡単

これまでもご利用いただけた休暇などを申請する方法と同じで、勤怠表の「遅刻・休暇など」欄から残業を選ぶだけです。

  

あとは以下のように、何月何日にどのくらいの残業を予定しているかを入力します。

必要に応じて誰に(どのワークフローに)申請するかを選択します。

 

残業の申請状況は以下のように確認できます。

申請した残業が無事に承認されればステータスが「承認」となります。

残業申請の有無によって計上される時間外労働時間が変わる

会社として残業申請機能を利用する設定にしているとき、未申請または未承認のまま残業時間を含んだ打刻を行った場合は残業時間は0時間となります。

未申請なので残業時間が計上されない

  

申請はしているが未承認なので計上されない

 

申請が承認された場合にのみ残業時間として集計されます。

承認されているので残業時間が計上される

   

なお、申請が不要な残業時間を設定することもできます。

例)定時から最初の30分間の残業は申請不要、31分を超える場合は申請が必要とする

無駄な残業を無くして生産性向上を!

今回はkinconeの新たな機能である残業事前申請&承認機能の使い方について簡単に説明しました。

詳細は以下のページをご覧ください。

kinconeヘルプ&サポート 残業申請方法

kinconeヘルプ&サポート 【残業】申請の設定・ご利用方法

 

働く従業員にとってもそれを管理する上長にとっても、必要のない残業は無くしたいものですね。

kinconeの残業事前申請&承認機能を活用して、働きやすい環境づくりに取り組んでみませんか?

このほかにも勤怠管理における便利でシンプルに使える機能を備えておりますので、よろしければお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

 

kinconeは今後もユーザーの声を反映してアップデートを重ねていきます。
今後とも勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone(キンコン)」をよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました