GMO電子契約AgreeとRepotoneU Proを使ってシームレスな契約締結をしよう

kintone上の顧客データなどから、簡単に請求書や見積書を作成できるプラグイン「RepotoneU」シリーズ。
今回は電子契約クラウドサービス「GMO電子契約Agree」(提供:GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社)との連携についてご紹介します。

GMO電子契約Agreeはスピーディーな契約締結をサポート

契約書の押印・郵送などのやりとりは簡潔にしたいもの。
「GMO電子契約Agree」を利用すればkintone上で署名・取引先への送信をスムーズに行えます。
電子契約は、印刷・押印・郵送などの作業/資源コストがかからないので、これからの時代にぴったりの契約フローです。

従来、kintoneを導入する企業は一度ローカル環境で契約書を作成した後、「GMO電子契約Agree」に文書を再度アップロードする必要がありました。
「RepotoneU Pro」との連携で、この文書アップロードの手間を省き、契約文書の作成から契約締結までの業務効率化を実現しています。

kintoneの管理画面から簡単な設定を行うだけで、kintoneの管理画面上で見積書や請求書、契約書などの帳票を作成し、そのまま「GMO電子契約Agree」を通じて取引先へ送信・署名依頼・保管・管理まで一貫して行うことができるのです。

具体的にどのように実行するのか見てみましょう。

1.契約書のテンプレートを作成

「RepotoneU Pro」に契約書などの帳票テンプレートを登録します。

2.署名の位置などを指定

「GMO電子契約Agree」にて先ほど登録した契約書の送信先や署名位置などを指定していきます。

3.kintone上から取引先へ送信する

「GMO電子契約Agree」を利用すれば、kintoneの管理画面上から取引先へ署名依頼を送信することができます。

4.署名する/保存する

無事に締結した文書はGMO「電子契約Agree」上で保管・管理ができます。

各製品の詳しい情報はこちら